エグすぎる!さらに問題作!?これで最後!!現役超人気お騒がせアイドルと3Pはいかがですかスペシャル!! – 月額アダルトDVDレンタル –

★★★★★


SM大王


真面目な○学生を電マや極太バイブで貴方が居ない寂しさを紛らわす本気オナニー遊戯!母子の近親、突然のレズ汚物強制排出に驚きと嫌悪をW60日頃の感謝の想いを大好きな母に伝えるため、ハメ師とのセックスにハマりつつあるのか、萌えます。
研修期間中のちひろちゃんを電マで激しくイカセまくりました!!色白スレンダー美乳のDカップを惜しげもなく露出させ揉みまくり!勿論、触り心地抜群!!クビレから突き出すお尻を責めまくるとドMなちひろは本当の姿をさらけ出す!!カラダも彼女自身も超エッチでした。
ロリッ娘を拉致って無理矢理言う事を聞かせキャットスーツに着替えさせてラバー調教をしちゃいました。十字の鉄パイプに拘束してラッピングでグルグル巻きにし、身動きが取れないようにして放置や呼吸制御を楽しみました。怯えていながらも電マで責めると堪えきれずに逝っちゃいます。拘束しながら手コキで抜いた後は開放してあげようとしたが、まだまだ色々と調教していこうと思います。(RUBBER RUBBER)
新宿同時多発エロ!修羅場はこのスチール撮影直後に始まった!!三代目葵マリー嬢のSMショーを食い入るように見るキャバ嬢達。二人のM女がキャバ嬢の客席に乱入!イケメン軍団とAV嬢の生ファックを間近でみつめるキャバ嬢!1人、2人、3人、4人…たまらず参加エロキャバ嬢。3P、4P、5P、乱交レズ…現場は修羅場と化す。見学していた一般素人も参加して大パニック。
マン汁べっちょりの激ピストンで魅せる、可愛い女の娘達の極太ディルドオナニー集!萎える事の無い擬似チンポに夢中な彼女達は、深く膣奥で咥え込み、激しく膣壁を擦り上げて吐息を漏らす!垂れ流す淫液をたっぷりとディルドに絡ませるハレンチ極まりない秘密行為を収録!※本作はRAMPOブランドより発売したRAM-006とRAM-033を収録した総集編です。
★★★★☆

AV動画フェチ



男に幻滅しレズビアンに生きる決意をしたOL久美子。男からの執拗なストーカー行為に怯えるOL麻里。大都会の片隅で狂おしく発するメスの匂いがふたりを引きつけてゆく。「男なんかより、女の人の方が柔らかくて優しいのよ…」唇と唇が重なり、久美子の舌が麻里の舌と絡まったとき、固く閉ざされていた麻里の秘め貝が淫らな汁とともに口を開ける…。「雌と牝」シリーズ第3弾!
オナニー作品と言ってもただの作品じゃない。そう、100人のキチガイオナニー映像集なのだ!野外オナニー、掃除機オナニー、巨大ディルドオナニー、放屁オナニー、ドライブオナニー、首絞めオナニーなど他では見れないマニアックオナニーの全てがここに!上巻では50人6時間で、飽きることなく最後まで衝撃映像をお届けします。
終わらない陵辱責めに、潮と小便を撒き散らしながら叫び果てた貧乳レースクイーンの落ちぶれた姿…。固定された電マからの快感に情けない声でよがりながら一人で腰振ってダンスしてしまう屈辱。ピストン次郎がマンコを高速で貫くと「オシッコオシッコ!」と女が狂ったように叫び出すじゃないか。そして止め処なく吹き出す潮。漏れる小便。「お願いヤメテ!お願い!お願い!!」畳み掛けたピストン責めに女は言葉にならない絶望の絶叫で何度となく潮を吹きまくる!感じやすい女の潮吹き惨劇がここにある!
人気レズシリーズ第7弾!巨乳の2人が肉感的レズビアンを展開していく。全シーンキス、舐め、密着にこだわったレズプレイの数々!七瀬ゆいが杉本亜美をレズの快感に目覚めさせる。 ※画像・音声に多少の乱れがあります
チラリズムに興奮する男のツボを、お尻を半分だけ露出して刺激!商店街のクリーンアップ作戦で、吸い殻を拾うフリして半尻露出!さらに、ウブな男子学生たちにタバコに関するアンケートを取ってる途中でオナニー開始。そして放尿!あなたは綺麗なお姉さんの半尻を見てしまったとしたら…どうしますか?
背は小さく幼な顔だけどHなボディの【ゆい】が、白昼の街中での露出やオナニーを通じて、割れ目から恥蜜を滴らし、悦声を漏らし、そして、肉棒を咥えこんで悦楽する“純生エロス”です!!
★★★☆☆

オナニーくん



エロい女のピストンマ●コとイヤラシい腰使い 2 絶頂限界ディルドゥオナニー(映天)
西野翔と南つかさは今でも仲良いんでしょうか?かつてはレズ作品で絡み、西野翔が南つかさをまんぐり返しにしてアナル舐めまくったりしてましたが、
陵辱系や痴女・レズものなど何でもこなすロリ系の人気キカタン(企画単体)女優。
マン汁中毒レズビアン 3(1月28日、虎堂)共演:桂希ゆに 他出演:佐々木恋海、水城唯、ましろあい、宮本菜々花、杉原麻美、中里美穂
競演タイトル:かわいい妹といやらしい姉が仲良しAVデビュー ~本物美人姉妹~、レズ本物美人姉妹ファイト
★★☆☆☆

制服マニア



質問です。大槻ひびき 素人 レズ でエゴサーチをかけると出てくる動画の作品名がわからず困っています。「女の子とチューしたことある?ぁあ柔らかいぃ・・・舌出して?」 人気AV女優の大槻ひびきにリードされてレズ
彼女は痴漢もの、レズもの等様々な作品に出ていますが、名前が明記されない作品もあり、探して視聴したくとも困難です。。。
タイトル : 夏休みにマジックミラー号初乗車!温泉街で見つけた女子大生を電マ初体験で4回イカせて…マン汁グチョグチョになったところをヌプッと即ハメ!
RUMIKA レズベロKISS (6月10日 LADY×LADY)共演:大崎マリナ、あすかみみ
S級女優露出(2月1日、アイデアポケット) 灘ジュン、芹沢遥、苺みるく 他3人[8] 股間に電マを固定した状態で、腹筋や腕立て伏せ、ジョギングなどをAV女優が全裸でやっていました。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


前半は神作
【前半について】

 藤木あやかと藤崎なぎさのカラミが秀逸です。

 例えば、開始早々の、藤木がスカートをまくり上げると下半身裸で、その股間を
 藤崎の指が覆っている、というシーンはインパクトがあります。

 藤木のいたずらっぽく得意気な表情が絶品で、しかも、モザイクのかかった藤崎の
 二本の指がまるでペニスに見える、という面白いショットです。

 これも含め、前半はなまじっかなAVを遙かに超えています。
 このレベルが全編で維持されるのであれば、神作、と思ったのですが……

【後半について】

 モザイク越しにも、ピンク色で作り物と分かるペニスはいただけません。前作の
 生々しいペニスと比べて、インパクトに欠けました。そして、藤本AYAYの登場は
 余計です。

 残念ながら後半は凡作で、普通のAVの方がましです。
 しかし、前半だけでも十分に買う価値はあります。次回作(あるのか?)に期待!
温過ぎる
※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
まずモザイク邪魔!他メーカーでは入れてないって!!
尻穴も他では、大胆披露してたのに・・・。
それに、この子はとことんB地区を死守するね。もう出しちゃおうよ。
モザイク
モザイクなしなら、文句なし星5つ、おしい
藤木あやかの作品というより、藤崎なぎさの作品の1本

なんじゃこれ?
前作の方がハードだったし。生チンでしたよ。
ピンクのデイルドとは・・・。

藤木あやか一人で結構です。

他のバーターらしき不細工はいりません。
藤崎なぎさファンなら
藤崎なぎさはがんばっているけれど、藤木あやかの方がイマイチ乗り切れていない気がします。
露出もそうだし、表情、所作が冷静で、迫ってくるものがありません。喘ぎ声もほとんど出してないですし。
個人的にはプロフェッショナルとして、感じてるフリをしたりしてもらいたかったです。藤崎なぎさはそのへん良かったです。顔も前より可愛くなってました。

で、他の方も書かれてるけど、藤木あやかの局部へのモザイクがかなり大きくて残念でした。
隠す必要がそれほどない箇所もモザイクかけることで、さも卑猥なもののように見せかけてるつもりなんでしょうか。
藤木ファンには必要なし
藤本ファンもAVを見れば良い
藤崎のファンも他の作品を見れば良い
この作品を選ぶ理由はほぼ皆無
手ブラならぬ「指前貼り」でパイパンマ○コ披露
前作で「生フェラチオ解禁」を果たした現役着エロアイドル「藤木あやか」が元藤軍団の盟友二人(藤崎なぎさ・藤本AYAY)と「疑似3P」に挑んだ一本。オープニング早々、なぎさ嬢の指を「前貼り」代わりにして、モザイクのかかったパイパンマ○コとモロ尻を披露するあやか嬢。続いて、主役交代したなぎさ嬢が男優とディープキス。再び、あやか嬢を加えてのレズプレイでは、「パンティー越しのクンニ」「電マ責め」等でお互いを責めっこする。中盤は、オヤジ男優参加の疑似3P。「パンツ越しのフェラチオ」「ペニバン挿入」「結合部クンニ」といったきわどいプレイの連続であるが、あくまで局部の状態は確認できない「絶妙なカメラワーク」となっている。後半は、一足先にAVデビューしたAYAY嬢を加え、浴室レズから寝室3P。挿入こそ疑似であるが、「乳首完全解禁」で乳を揉みしだかれるなぎさ嬢の痴態は、ファン必見といえる。
藤木あやか以外の
藤木あやか以外の、二束三文、ひと山いくらの
女優さんがあまりにもブサ・・・・

藤木あやかに一票。
前半は◎
 前半の 藤木あやかと藤崎なぎさの絡みは いいです。ふたりのセミディープキスや、お互いの乳首を愛撫するシーン(あやかは乳首を見せないようにしています)また 裸で重なり合うシーンは、見ごたえがあります。ただ後半の 藤崎なぎさと藤本AYAYの絡みは、中途半端。藤本AYAYはAVに出ているんだから、もっと過激に行かないと。これなら最後まで あやかとなぎさの絡みだけでよかったです。
モザイクとカメラマンの鼻息と毛深いキモデブ男優がウザイ!
モザイクがかかっているシーンがかなりあったが、ジャンルはイメージビデオなのだから、モザイクを入れないで済むようなカットやアングルで撮影する努力をしろよ。局部にモザイクをかけるのは分かるが、何でディルドにモザイクをかけるのだ? ディルドを舐めるモデルの口元が見えないのが非常に残念。カメラマンの「フーフー」という鼻息が、至る箇所で収録されていたのがとてもキモかった。デジカムで撮影する際は、カメラマンの鼻息が収録されないようマスクを装着するのは常識だろ! 前半の藤木あやかと藤崎なぎさとの3Pに出演していた男優は、デブで毛深かったのでとてもキモかった。その醜い体が画面アップで映っていたので萎えた。絡みのシーンではモデルが笑いながら演じていたが、それだとエロさが半減するので、笑わないよう監督は指導しろよ。藤木あやかと藤崎なぎさはパイパンだったが、18禁の作品なのだから、陰毛を生やしていてほしかった。窓から日光が入り過ぎていて、逆光で暗く映っているシーンが結構あったのが残念。ジャケットには大層なコピーが書かれているが、内容は大したことない駄作。せっかくいいモデルが三人出演しているのに、ダメな監督のせいでダメな内容になっている。これに比べたら、レイフルの「極エロ」の方が何倍もイイ。