いやらしすぎる!MASARU あしたの雪之丞2 第二章 「青の復活」 – エロアニメ動画 – DMMアダルト

勝のかつての恋人・マキは、別れた勝への想いを断ち切れずに思い出の別荘へと向かう。だが、あきらを捕えた強盗犯が、逃走の末にマキの別荘へ逃げこみ、マキもまた囚われてしまう。一方、別荘近くの療養所でリハビリ中の勝は、電話中にマキが何者かに襲われたことを知り、マキの別荘へと飛び出した!

★★★★★


SM大王


【どうしたらもっとうまく操れるかしら……】「ねえ、ちょっと、それもしかして私の――」まずい、春生に見つかった!まんまと盗みだした催眠装置で好き放題のハジメだったが、頭隠して尻隠さず。悪事はすぐに露見した。「しまった!」やばいぞやばいぞ。このままじゃ俺の学園生活は破滅する。どうするどうするどうするどうする。あ、そうだ……一か八か、これを春生に対して使ってみたら……。考えるより先に、指がボタンを押していた。ヴゥゥゥン!「…………」き……効いた?「えっと……ふ、服を脱げ」「はい……」「おおっ!?じゃあ、足を開け」「わかりました……」「おおおっ!じ、じゃあ……!」ハジメは考えて、そして言った。「俺のために、もっと色々な装置を作れ!」「はい……ご主人様……」ハジメの股間に奉仕しながら春生はうなずいた。これでいける!どんな相手でも思うがままだ!「ご主人様のご命令のままに…………うふふふふふふふふ」常識と倫理感の壊れたマッドサイエンティスト、人心を操る怪しげな宗教団体、弄ばれていくたち。自他ともに認めるスケベ主人公・ハジメの運命は果たして!?エロ特濃!シリーズの名(迷?)ヒロイン・綾河春生の学生時代をつづった、もう一つの操心術!
「囚われのヒロイン」シリーズより、レオタード姿のヒロイン登場!白いレオタードウーマンに変身したヒロインだったが、凶悪な敵の罠にかかって囚われの身に!自由を奪われたヒロインを責め立てる緊縛と猿轡。
「ダ・カーポIII」の新たなファンディスクが登場!まだまだ描ききれない「ダ・カーポ」の世界!本作のポイントは「ダ・カーポII」のヒロインが登場!!「森園立夏」「芳乃シャルル」「葛木姫乃」「瑠川さら」「陽ノ下葵」「美琴」「雪村すもも」7人のヒロインが『ダ・カーポIIのキャラクター達』と繰り広げる新たなストーリー。どの「ダ・カーポIIIヒロイン」が、どの「ダ・カーポIIキャラクター」と出会うのか?そして「ダ・カーポ」の世界の謎にも触れる奇跡の物語をお楽しみに!
スーパーヒロイン危機一髪!しかしスーパーヒロインは何故いつの時代も変態センズラーのきんたま袋を直撃するのであろうか。変態センズラーはかなりおかしい。ズリネタの発掘の事しか考えていない。子テニスや国営放送の朝やってるドラマなど。そんなセンズラーに支えられてわたしもご飯が食べられる。
敵を何とか倒すも聖なる力を消耗してしまったフォンテーヌ…。雑居ビルのエレベーターに乗り込むと扉が閉まりかけた時に強引に一人の男が入ってくる。フォンテーヌは密室に男性と二人きりになり動揺を隠せずにいると何か今までに感じたことの無い違和感を感じる…。気のせいかと思うもやはり何かいつもとは違う…。力を消耗してしまった事と男性と密室に二人きりになってしまった事で冷静になれずにいたフォンテーヌ…。気がつくと自分の臀部に男性の手が…。何が何だか理解に苦しむフォンテーヌ…強大な敵と対峙した時にも感じた事の無い恐怖心が芽生え、どうしていいか解らなくなり早く目的の階に着く事を祈る事しかできなかった。男は目の前のヒロインが抵抗してこない事をいい事に臀部を弄っていく。すると、エレベーターは次の階に止まり数人の男達が入ってくる…。他の人が入って来た事で男の行為は終わったと一安心するフォンテーヌ…。しかし、その安堵も束の間、男は他人の目を気にすることも無くフォンテーヌの身体を弄る…。逆にフォンテーヌが触られていることを他の男達に悟られないように必死に我慢している姿を愉しむかのようにフォンテーヌの穢れの無い身体を弄繰り回していく。徐々に男の行為がエスカレートしていくとフォンテーヌのその可憐な口元から…。(Toi Boxx)
★★★★☆

AV動画フェチ



人々を守るスーパーヒロイン「アイラ」は、実は人間界を支配している悪の組織フィアーに作られた人造人間である。アイラは、フィアーに造られたということは知らず、普段は希崎まなという人間として過ごし日々フィアーと戦い続けている。ある日、ふとしたことからフィアーが自分を作り、人間のガス抜きのために戦わされていることを知ってしまう。戦うことに疑問を持ったアイラは、苦悩し自分の存在にすら意味を確信できなくなっていた。そんな時、村の仲間がフィアーたちに襲われ、一時は戦うことを放棄しかけるアイラだったが、村の仲間を放っておけずフィアーのアジトに乗り込む。そこに現れたのは、アイラの創造主であるフィアーの科学者兼首領アルゴス。アルゴスは、電気吸収怪人バキューを放ち、アイラはエネルギー源である電気を吸い取られ絶体絶命のピンチに!瀕死のアイラのもとに駆けつけたのは、なんと村の仲間達だった。形勢逆転かと思われたのも束の間、アイラは、悪に生み出された自らの運命には抗えなかった…。[BAD END]
魔獣特捜・雨宮美宇は地球を守る為、巨大ヒロイン・レインとして怪獣と戦う!怪獣ゴードンの前に立ちふさがるレイン。ゴートンの発した光線により、視界を奪われたレインであったが、ゴードンの足音をキャッチし必殺技を放つ!見事ゴードンを倒したレインであったが、視界を奪われてしまう。そんな時、隊長が負傷したとの連絡を受けた雨宮隊員は基地に帰還する。そこに待ち受けていたのはセイレーン星人が乗り移った隊長であった。電撃を受けた雨宮隊員は身体を奪われてしまう。雨宮隊員が気絶している隙を付いて深海獣オクトーグを解き放つ!目覚めた雨宮隊員はすぐさまレインとなり、オクトーグとの戦いに望む!しかし、気絶している間に陰部に仕込まれた機械が発動しレインを苦しめていく。悶えるレインに対して、オクトーグのタコ墨がレインに炸裂する。さらに、タコ足でエネルギーを吸い取られ、タコバイブでレインを責め立てるのであった![BAD END]
もーれつ仮面三姉妹は日夜拷問教師達と戦っていた。彼達の良き理解者の仮面の男ハートマンももーれつ仮面同様に学園の平和のために戦っていた。デーモン学園長はハートマンを仕留めるためにまずは、もーれつ仮面三姉妹を罠にかけ洗脳するのだった。戦いの最中、神経ガスで気絶し磔にされ電気地獄でその豊満な肉体と脳神経を麻痺させ、三姉妹のクリトリスに洗脳薬を打ち、デーモン学園長に忠誠を誓う淫獣化したもーれつ仮面とされてしまう!三姉妹はハートマンと戦い彼を倒し輪姦するのだった。その姿は色情凶となった淫獣化したヒロインの哀れな姿だった…。[BAD END]
人気巨乳優:仁科百華・春咲あずみ・木下若菜が戦隊ヒロインに変身!妖艶なボンテージクイーンに扮した元祖美巨乳:浜崎りお率いる悪の組織に立ち向かう!捕らえられたチチレンジャーは必死に抗うも巨乳を揉みしだき犯される…同時イラマ、肉棒陵辱、大量ザーメンの洗礼!豪華巨乳優競演の淫乱レズ、SEXバトル必見!
遠い宇宙の彼方から地球の平和を守る為にやって来た美しきヒロイン、その名はギンガーウーマン!彼は世を忍ぶ仮の姿として小学校の教師をしているが、事件が起きるやギンガーウーマンに変身して悪に立ち向かうのであった!一方、爆破テロを阻止されたDrゴーマンは邪魔者のギンガーウーマンを葬り去る為の恐るべき計画を企てていたのだ!それはギンガーウーマンこと牧瀬リナの教え子である少年を洗脳し、強化スーツで武装させてリナに刺客として送り込むというものだ!あまつさえギンガーウーマンの弱点である乳酸菌、つまり牛乳を言葉巧みに飲ませるという卑劣な罠を張り巡らしたのだ!乳酸菌に対する免疫が無い宇宙人のギンガーウーマンにとって牛乳はイコール強烈な下剤を意味する!襲い掛かる教え子と腹痛に絶体絶命のピンチに陥るギンガーウーマン!果たして彼は激しい便意に耐え地球を守る事が出来るのか!
ちょこっと動くと、けっこうエロい!おいしいところだけを集めた美少ゲームムービー。正統派美少3人の処喪失中出しシーンを集めました。原作ゲームのほうでは外出しだったヒロインも、こちらではしっかり中出しされてます…ガンガン突いて、思いっ切り中に出しちゃってください!
★★★☆☆

オナニーくん



オレは蘭達の事好きですけど、多分ボロクソに言う連中は「守ってあげたくなるような儚さ」を感じるヒロインが好きなのであり、蘭達のような「健気さ」がある一方で自分でも戦える力があるヒロインは「強いくせに可哀想ぶってる」みたいに見えるんじゃないですかね?
共に新公・バウとヒロインを経験しています。新人公演で仙名彩世さんがエリザベート役を経験できれば、仙名さんも候補に入ってくるかと思います。ただし、桜咲さんのバウでのヒロインに関しては、出版物やメディアでの扱いから言って「実質ヒロイン」ではあるけれど「正ヒロイン」ではありませんでした。これは、花乃さんの「the WILD Meets the WILD」での扱いにも言えることです。
神様、もう少しだけ(1998年7月7日 – 9月22日、フジテレビ)叶野真生 役(ヒロイン
First Love(2002年4月17日 – 6月26日、TBS)江沢夏澄 役(ヒロイン
ヒートアイランド (2007年、ザナドゥー、監督:片山修)- ヒロイン・ナオ 役
★★☆☆☆

制服マニア



ただ美雪は空手が出来ないものの「はじめちゃんを危険な所に行かせて一人で待ってる方が私は嫌なの。はじめちゃんが私を守ってくれるって信じてる」みたいな姿勢があって、これが「主人公を信じて着いていくヒロインの姿勢」で「待ってるだけの蘭とは違う」と好評なようですから、これが「健気な一方、主人公が守るべき儚さを感じる」トコなんじゃないですかね。結局 蘭達みたいなバトルヒロインにはそういうのが感じにくいのでしょう。
ストロベリー・オンザ・ショートケーキ(2001年1月 – 3月、TBS) – 入江唯 役・ヒロイン
・ハンサム★スーツ(2008年11月、アスミック・エースエンタテインメント、監督:英勉)- ヒロイン・星野寛子 役
真夏のオリオン(2009年公開予定、東宝、監督:篠原哲雄)- ヒロイン・有沢志津子・倉本いずみ 役(二役)
下記のドラマのヒロイン役の福田沙紀ちゃんが大好きなので見ていましたが、イケメン出演者達の駆け引きにも注目です
太陽と海の教室(2008年7月 – 9月、フジテレビ・月9)- ヒロイン・榎戸若葉 役


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


襲われるところ
やられそうになるところ、結構抜ける。
嫌がるシーン、最高に良い。

繰り返して見ました。
原作は未プレイ
とうとうあきらとのSEX。
彼女が一番のお気に入りだったし、今までのより濃厚なSEXだったので満足。
しかしストーリーはあってないようなもの・・・。
なかなか
物語の展開的には面白いと思います。まぁ、普通にはありえないシチュエーションだけども…。
散弾銃に悠然と立ち向かう姿…常人なら穴だらけです。
まぁ・・・
アニメだから銃に特攻できるんだし。
つーか、第1章でエッチした子はどうしたのよ?ww
エッチも体育会系
ボクシングをやっている主人公だけに、エッチも力押しで体育会系です。
最後の外で致すシーンは、主人公が上は服着ているのに下半身は丸出しなのが絵的に滑稽な感じがしました。
上半身裸で下は履いている方が絵的にはエロく感じます。
あと、体育会系だけに主人公の喘ぎ声の大きさが・・・・・・。
ヒロインの喘ぎ声が消されるくらい大きいんですよw。
男性キャラの控えめな喘ぎ声は好きなんですけどね。
作画はARMSなので綺麗で女の子も可愛いです。