忙しすぎる!JKと淫行教師1 即ヌキムービー 後編 – エロアニメ動画 – DMMアダルト

ムラっときたらこれでヌケ!登場するヒロインはもちろん処女JK!!アダルトゲームのHシーンが、再生ボタンを押すだけで楽しめる「即ヌキムービーシリーズ」に『JKと淫行教師~夜回り先生編~』が登場!

★★★★★


SM大王


国民的アイドル「セブンティーン」のメンバー前島沙織は、実は地球守備隊に所属し、巨大ヒロインシルフィーナとして地球の平和を守っていた。そんなある日、オフを満喫していた沙織に緊急出動のサインが入る。蜘蛛型怪獣タランティスが突如現われ、街を破壊し始めたのだ。しかもタランティスはセブンティーンの聖地である秋葉原の街に向かっていた!沙織はシルフィーナに変身しセブンティーンのコンサート会場である秋葉ドームをかばいながらタランティスと戦うが、タランティスは八本の足を使いシルフィーナを締め上げていく。しかもタランティスの怪光線によってマスクオフの状態にされ、正体を晒す事に!その上タランティスの体液からでる毒素によって巨大スーツはシースルーと化していた!醜態を晒しながらも懸命に戦うシルフィーナ。しかしタランティスの肉棒は容赦なくシルフィーナの秘所を貫く!コンサート会場に集まったファンは絶望と歓喜で雄たけびを上げる。果たしてシルフィーナは秋葉とファンを守れるのか!【BAD END】
人気の凌辱ヒロインシリーズに待望のセーラー戦士全員集合のオムニバスが4時間で登場!みづなれい、友田彩也香、栗林里莉などTMAでお馴染みのコスプレ女優が完コス&服は決して全裸にならないコダワリのコスプレHを披露。思考回路はショート寸前!犯され汚されても尚、凛々しく輝く9人の戦士たちの行く末は…。
間宮征一郎は、子供の頃に親の仕事の為にヨーロッパで生活する事となった。そして青年となり、学校で絵画教室を行うため日本へ帰国。主人公が日本で最初に出会ったのは人物は、ヒロインの香川五月。しかし、初対面の印象は、最悪のものに…。知り合いの家に居候することになっていたのだが、五月はその家主の娘であった。しかも、親同士の約束で婚約者となってしまった征一郎と五月。そして教室に現れる、他のヒロイン達も巻き込んで、一騒動の恋物語が始まります。
「浮気をしたでしょ?」と責められるセーラールミナス…。耳や太ももを舐めらたりくすぐられたりして悶えます。果たしてセーラールミナスは許してもらえるのか?誰にも邪魔されずに、ヒロインを独り占めしたいアナタへ。「ヒロインイメージファクトリー」シリーズ第29弾の登場です。
戦いが終わってあれから十数年…。ダークガールの手によって平和を取り戻した街アッサムシティーは新しい市長を選ぶ選挙の真只中。その時、突如現れた妖しい魔の手!一般市民が突然心の奥底にある本音を吐いて暴れ出し狂ったように死んで行くという怪事件が連続して起こり出す。そしてTVに流れ出す「私を市長に!私に清き一票を!」という怪しいメッセージ…。そう犯人はあのMr.ギャグマン!ギャグマンの野望は生きていたのだ!平穏に生活していたダークガール・サキの身辺が慌ただしく動き出す!そこには盟友ケビンの姿も!ギャグマンのアジトに潜入するダークガール・サキとケビン。だが敵の罠にはまり遂に捕われの身となるサキ。ギャグマンの「お前の本心は?」「本当に他人を救えるのか?」「ヒロインなんてやめて普通の女として生きろ!」言葉の嬲りに首を横に振るサキ。その目の前に連れ出されたのはケビン。だがケビンさえも本音でサキへの思いを告白する。そして、サキの豊満な肉体にむしゃぶりつく。ケビンの強制フェラにサキは思わずむせ返る!ギャグマンの拳に顔を歪ませるサキ。自分が守ろうとした一般人からの凌辱レイプ!熟女ヒロインに迫る現実…。
★★★★☆

AV動画フェチ



幻燐の姫将軍2アペンドディスクをインストールすることにより、追加戦闘マップや本編では操作出来なかったユニットの追加。また追加MAPをクリアすると新規Hシーンも!システム面ではユーザーの要望が多かった「エンディングシーンの回想」や「戦闘スキップ」、難易度は「姫神」「ヘタレ」を追加しました。また新規追加アイテムはなんと64種類!他にもヒロインたちの壁紙にシステムボイスなど、ファン垂涎のアイテムを多数収録。 ※アペンドディスク単体では、プレイできません。予め「幻燐の姫将軍2」製品版を購入のうえ、インストール願います。
ソウルアイランドの後継者、ワンダースティール!その前に立ちはだかるのはクロノスの総統サマノス!ワンダースティールに仕向けた怪人はハタファ!この怪人の特殊能力は非常に卑劣なもの。肉弾戦はワンダースティールに敵わないと知ると、得意の波動砲で責め立てる。しかし、ワンダースティールにはまったく効き目がない!余裕のワンダースティール!その時!!下腹部に違和感を感じ苦しみだすワンダースティール!尿意がハタファの攻撃で襲ってきたのだ!!戦いの最中での突然の尿意に不利になっていくワンダースティール。膀胱を押さえながら戦うが強烈な尿意に我慢できなくなったワンダースティールは遂に漏らしてしまう!!更に追い討ちをかけるハタファの攻撃で腹痛を与えられたワンダースティールは、ヒロインとしてのプライドを打ち砕かれてしまう!![BAD END]
痴漢電車誤爆!?何の罪もない多くのサラリーマンが恐怖するその体験を、主人公の淳は経験することとなる。それがヒロインの新橋美奈との出逢いだった。「オレじゃねーっ」と、一応は犯行を否認したものの、結局その時は、淳は駅員に引き渡されてしまう。翌日。淳は真犯人の痴漢オヤジを捕まえ、美奈の前に突き出す。それによって、美奈も素直に非を認め、頭を下げたのだったが、結局淳の口の悪さが引き金となって、またしてもケンカ別れしてしまうふたりだった。このように、最悪の出逢いを果たした淳と美奈。だが、何の因果か成り行きで、淳は美奈の姉・玲奈の所属する同好会へと入部することとなってしまう。部員は淳と玲奈のふたりっきり。玲奈の身を案じた美奈も、淳から姉を護るという名目で入部した。かくして物語は始まる。クールでぞんざいな性格の主人公・神田淳。明るく活発で世話焼きながら、素直じゃない新橋美奈。優しく温厚な性格ながら、盲目というハンデを背負う新橋玲奈。後に入部することとなる玲奈と美奈の妹・新橋梨奈。淳の悪友・池田遼太郎,美奈の親友・目白聖…。楽しい学園生活を送るためにも、彼らは、同好会運営のための部費を稼がなくてはならない。つまり、他部の手伝いのバイトに奔走することとなるのだ。陸上競技大会・修学旅行・試験勉強・樟華祭(夏の文化祭)・夏合宿…。そして、夏休みの末、とんでもない事件が巻き起こる。何と、淳の父・神田芳夫と新橋3姉妹の母・新橋京子が再婚したのだ!!いきなり義理とはいえ、姉兄妹となってしまった淳と新橋3姉妹たち。お互いの立場に戸惑うも、それでも無情に日々は流れてゆく…。
絶対無敵、鋼鉄の肉体を持つ宇宙から来たスーパーヒロイン・スプリームガールは、Dr.Xが持っていた謎の鉱石・クイントン鉱石によって傷をつけられてしまう。その事実に目をつけたDr.Xは、その時のスプリームガールの血液とクイントン鉱石から最強の人造人間を作り出すことに成功した。世界中のメディアをジャックしてスプリームガールに宣戦布告したDr.Xは、人造人間ジャッジメントデイの圧倒的なパワーで彼女を追い詰めていくのであった。捕らわれのスプリームガールに忠誠を誓わせようとするDr.X。だが、彼女は決して悪人には屈しない。そこで、彼女の自尊心を完全に折る最悪の拷問が開始される。それは何度も繰り返される恥辱と苦痛の排泄地獄であった…。[BAD END]
美人看護士、女子大生、ロリ系アイドル、スーパーヒロイン。悪の組織、邪道羅は様々な女たちを拉致し、戦闘員に仕立て上げていた。拷問、地獄の特訓、そして洗脳…今日も少女たちの叫び声が止むことはない。
「囚われのヒロイン」シリーズより、レオタード姿のヒロイン登場!白いレオタードウーマンに変身したヒロインだったが、凶悪な敵の罠にかかって囚われの身に!自由を奪われたヒロインを責め立てる緊縛と猿轡。
★★★☆☆

オナニーくん



ヒロイン凌辱 Vol.35 アクセルガールA(エンジェル)編』(GIGA)
ヒートアイランド (2007年、ザナドゥー、監督:片山修)- ヒロイン・ナオ 役
ちなみにメインヒロインの一人「泉空」の声優が風音さまです。
西川さんは主演、大塚ちひろさんはヒロイン役でした。
定番の学園物系。設定は男女共学の学校と、名門女子校が統合され、新たな出会いが見つかる・・・みたいな設定。で、今まで仲良く暮らしていた生徒たちと一緒にのほほんと過ごしたり、新たなヒロインとの変な出会いがあったり・・・。まぁ、定番かなぁと思います。設定に難しい部分もありませんし、泣きゲーのような感動的エピソードがある作品でもありません。一部設定上重いエピソードもありますが、泣きゲーと比較すると大したことはありません。笑い重視の作品と言ったところでしょうか。
★★☆☆☆

制服マニア



オーイエローを演じた穂高あゆみ(旧芸名:麻生あゆみ)さんは、身長173cmと、恐らく戦隊ヒロイン上最高身長でしょう。
謎解きはディナーのあとで – ヒロイン・宝生麗子 役
ヒートアイランド (2007年10月20日公開)- ヒロイン・ナオ 役
そうそう、やっぱりヒロインの両親が親に反対されて京都から明日香へ駆け落ち、あすかが生まれた→おばあちゃんのとりなしで京都に戻りじいちゃんと仲直り~ってなんだか「瞳」と同じだね。
真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章 (2006年3月、東宝)- レイナ 役(ヒロイン
ヒロインコンプレックス』ナオダツボコ(小学館)






▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽