順調すぎる!JKと淫行教師 4 即ヌキムービー 後編 – エロアニメ動画 – DMMアダルト

ムラっときたらこれでヌケ!登場するヒロインはもちろん処女JK!!アダルトゲームのHシーンが、再生ボタンを押すだけで楽しめる「即ヌキムービーシリーズ」に『JKと淫行教師4~なまいきモデル少女編~』が登場!

★★★★★


SM大王


その檻は、地獄か楽園か。目を覚ますと、見覚えのない白い部屋にいた――白い密室に閉じ込められたのは、主人公・高遠恵輔と6人のヒロインたち。幼なじみの帆刈叶、クラス委員長の安藤都子、後輩の蒔羽梨香、英語教師の葵菜月と、同学年の白夜凛音、そしてクラスメイトの真中合歓。異常な状況に混乱する彼らに、突如として“謎の声”が告げる。「これからゲームを開始します」この部屋から脱出するためには、恵輔が“開錠者”となってヒロインの一人を“鍵穴”に設定し、指定された行為を行って“鍵を開ける”必要がある。その理不尽かつ過激で背徳的な行為の内容に、都子は逆上し、“謎の声”を激しく糾弾する。突然の暗転。悲鳴をあげる少女たち。再び白い空間が白い光で満たされた時、彼らの目に飛び込んだのは、グロテスクな拷問装置に拘束された都子の姿だった。「ゲームを放棄した者には死を」声と共に装置に電流が流される。白目を剥き失禁、脱糞する都子。悲鳴をあげ、泣き叫び、動揺するヒロインたち。しかし恵輔は、そんな都子の姿にいい知れない昂奮を覚えていた。恵輔には秘密があった。女性に対する破壊衝動と凌辱願望―――それは、誰にも知られてはならない忌むべき衝動だった。だがそんな恵輔の秘密は、合歓に見透かされてしまう。合歓は秘密を盾にして、主人公に服従を強い、唇を寄せる。「これは契約のキス」恵輔は合歓の意外な行動に動揺しつつも、大切な叶を守り、脱出するため、ヒロインたちを犯すことを決意する。はたして恵輔は無事に白い部屋から脱出し、日常に戻ることができるのか?それとも自らの暗い衝動に飲み込まれてしまうのか……―――結末を決めるのは、主人公であるあなた自身です。
1の発売から3年半の時を経て、いよいよ完結編となった『グリーングリーン』。2ではフレッシュな1年生が主人公だったが、本作では、3年生になった1の主人公、祐介が再び登場!なつかしの面子はもとより、新たに加わったヒロイン達も交えてのドタバタ劇が展開されるぞ。ゲーム期間は、夏の終わりから卒業までとシリーズ最長!誰もが経験した人生の節目を舞台に、笑いとドキドキがギュッと詰め込まれているぞ!
親子ともに捜査官である父・真田健二と子・真田瞬は、怪人犯罪者バグラーを追っていたが逆に罠にはまってしまう。そして美しければ男女問わないバグラーは、健二を人質にし、抵抗できない瞬を弄ぶ。健二は目の前で苦しむ瞬を見て、力を振り絞り、瞬を脱出させることに成功する。瞬は逃げ伸びて、女装ヒロインメタルウーマンに変身して父を救いに向かう。健二を救い出すことに成功する瞬だったが、バグラーに正体がばれてしまう。バグラーは健二を誘拐、そして洗脳する。バグラーはメタルウーマンをおびき出し、洗脳した健二に襲いかからせる。なすすべなく健二に敗北し、囚われたメタルウーマンは、バグラー、その部下、そして健二に凌辱され、身も心もボロボロになっていくのだった…。[BAD END]
モデルは現役コスプレイヤーのあずささん。白いレオタードにミニスカセーラーの美少女戦士衣装は制服、レオタードマニアを興奮させてくれる。着替えとメイクの時から花園を包むツルツルレオタードが艶めかしく視線を釘付けする。男なら誰でも持っている妄想…「正義のヒロインを拘束し、陵辱する」美少女戦士のつぼみは柔らかく成長し、レオタードの上からでもはっきりスジが分かってしまう。つぼみのスジに沿って指を這わせ、股の匂いをたっぷり嗅いてから固くなった男根をしゃぶらせる。いい眺めだ。
襲われちゃうのが使命です。私、望月ほのか。正義のヒロイン、バスティーピンクですっ!悪い怪人さんたちを退治していくんだけど…。その方法は……やぁんっ!!恥ずかしくて言えないよぅっ!
★★★★☆

AV動画フェチ



…15年前の記憶。それは目の前で最愛の母を失う悲しき思い出。スーパーヒロインであった母・桐子の意志を継ぎ美しい女性となった諫凪メシア。彼女が追い求めるのは母の形見でもあるマスク。ヒロインマスク収集のコレクターとして名を馳せる悪の女ボス・ラビリンス。世にも珍しい母娘ヒロインのマスクを手に入れるべく周到な罠がメシアを待ち構える。ラビリンスを後一歩のところまで追い詰めるワンダークレスト。しかし恐るべき事実がラビリンスの口から語られてゆく…自分を殺せば母との再開の夢が消えうせると。そう…ラビリンスの特殊能力…それはマスクに思念を封じ込めるというもの。ラビリンスを倒せば母の思念もまた永遠に失われてしまうのだ!手出しの出来ないワンダークレストにあらんかぎりの恥辱を与えてゆくラビリンス。しかし彼女を待つ本当の試練はその先にあった…彼女の前にさらされたのはナント…伝説のヘタレヒロイン・ジェイドウーマンのマスク。もしアレが自分に被せられようものなら…。最悪の不安が現実に変わる瞬間…床に土下座をし、頭を床にこすりつけるジェイドウーマン!ああッ…どうなる!?メシア!!![BAD END]
世界大戦後の東京シティー。そこはすでに独裁国家ヤプーに支配され、人々は階級社会の中で貧困に喘いでいた。そんな人民を解放するために、一人のヒロインが誕生した!神出鬼没でガンの名手である謎の美女フェニックスは、正体を隠し人々の自由のためにヤプーと単身闘っていた。しかし、独裁者ヤプーは自らの野望の前に立ちはだかるフェニックスを、世の平和を乱すテロリストとして指名手配し、民衆の前でさらし者にしようと画策していた。そんなある日、ヤプーが旧政府軍のリーダー藤森首相を暗殺しようと画策している情報を掴んだフェニックスは、間一髪のところで藤森首相を救い、自分のアジトに一旦は匿う。しかし、藤森は自らの使命を果たすために姿を消してしまう。藤森を救うために罠だと知りつつもヤプーのアジトに潜入するフェニックス。藤森を人質に取られたフェニックスは、遂にヤプーの手に落ちてしまう。そして、フェニックスは民衆の希望を打ち消すために全国放送の中、公開リンチをされるはめに…。あまつさえ、それはフェニックスを民衆の前で陵辱しはずかしめるという卑劣なものだったのだ!果たして、フェニックスは陰湿な責めに耐え、ヒロインのプライドを守り抜くことが出来るのか!?
とろける甘さのカラフル&ポップな学園生活、再び!きらめくキャンディーのようなときめく恋のお話に、おなかはさらにぺこぺこ?!「Flyable Heart」のヒロインたちのその後やアナザーシナリオを追加したスピンオフタイトル。
正義のヒロイン、セイントスピカとセイントポラリスは二人で魔女セイレーヌの魔の手から人々を守っていた。ある日、セイントスピカは単身邪悪な妖気を辿っていくが、それはなんとセイレーヌの罠だった!捕らえられもがくスピカは、苦しみながらポラリスにSOSを出す。しかし、なぜかポラリスにSOSが届かない。その部屋は、セイレーヌの魔力で結界が張られていたのだ。助けに来てくれないポラリスに不信感を抱いたスピカの心の隙に、魔女セイレーヌの悪の心が入り込んでいく。セイントスピカは、完全には悪に染まらなかったのだが、スピカの邪の心からダークスピカが誕生してしまうのだった。そこで魔女セイレーヌは、ダークスピカを使ってセイントポラリスを倒す作戦を考えると…正義と悪の心が入り乱れる、三つ巴の激しい女の戦いの行く末はいかに!?[BAD END]
シネマジック人気ジャンルのボンデージヒロイン凌辱総集編!キャットスーツに身を包んだ女戦士が食いちらかされる!敵に唾を吐きかけて服従しないヒロインに激しさ増す拷問!愛液にまみれた使命感!暴走する加虐心!
国際防衛機構の戦士ロジータこと黒木アミに命令が下された。独裁国“ナースベアー”から発射された弾道ミサイルの軌道を変える為にナースベアーに潜入し、マイクロチップを盗む事である。ナースベアーの入国審査は、非常に厳しいモノとなった。「武器を隠し持っていないか?」「質の悪い細菌を持っていないか?」「伝染病にかかってないか?」という理由でアナルを徹底的に責められる。排泄物を調べる為に薬物を無理矢理飲まされる。その夜ロジータは、マイクロチップの奪還に成功するが、薬の効果が現われ、強烈な便意を催す。「早くおトイレの場所を教えて!」「悪いけどトイレはここには無い!ここでしてもらう!」敵兵が嘲笑う中でロジータは醜態を曝け出すハメに…。当然のごとく、紛失したマイクロチップの嫌疑がロジータに振り掛る。ボディーブロー、恐ろし気な拷問器具によってマイクロチップの在処を訊ねられる。しかし、正義のヒロインであるロジータは当然痛みには屈しない。敵も然るもの、シリンダー浣腸による羞恥拷問がロジータの身を苛む。立場上ロジータは羞恥心を表面に曝け出せない。ヒロインとしての心の葛藤がロジータを苛む。浣腸拷問は延々と続くのであった…。
★★★☆☆

オナニーくん



・歌姫(2007年10月12日~12月21日、TBS系) – 岸田鈴 役(ヒロイン
神様、もう少しだけ(1998年7月 – 9月、フジテレビ) – 叶野真生 役・ヒロイン
この方はヒロイン向きの華やかなかわいらしさがあるのでトップ娘役に就任してくれたら嬉しいですね。
また、現在宙組には、何度もヒロインを経験し池銀のイメージガールに就任した伶美うららさんが控えています。
フードファイト(2000年7月 – 9月、日本テレビ) – 田村麻奈美 役・ヒロイン
★★☆☆☆

制服マニア



まっすぐな男(2010年1月12日 – 3月16日、関西テレビ)栗田鳴海 役(ヒロイン
フードファイト(2000年7月1日 – 9月16日、日本テレビ)田村麻奈美 役(ヒロイン
彼女が死んじゃった。(2004年1月 – 3月、日本テレビ) – 石井玲子 役・ヒロイン
ちなみにアンチ薫派は「ヒロインは巴であり剣心は巴の事を思って一人で生きて欲しかった」とかいうクチでしょう。
ただ美雪は空手が出来ないものの「はじめちゃんを危険な所に行かせて一人で待ってる方が私は嫌なの。はじめちゃんが私を守ってくれるって信じてる」みたいな姿勢があって、これが「主人公を信じて着いていくヒロインの姿勢」で「待ってるだけの蘭とは違う」と好評なようですから、これが「健気な一方、主人公が守るべき儚さを感じる」トコなんじゃないですかね。結局 蘭達みたいなバトルヒロインにはそういうのが感じにくいのでしょう。
サイキックソルジャーアスナVSカオスファイターズ ?格闘ヒロイン凌辱失禁バトル?(11月28日、GIGA)共演:大槻ひびき




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽